岩手県立宮古病院

岩手県立宮古病院-病院の取組

  • 患者様、来院者の皆様へ
  • 医療関係者の方へ
  • 地域がん診療連携拠点病院について
  • 臨床研修のご案内
  • 専門医研修
  • 求人情報

NSTの取り組み

 

NSTの活動

NSTとは「Nutrition Support Team」の頭文字をとった略称で、日本語では「栄養サポートチーム」といいます。

栄養状態が不良で栄養療法が必要な患者さんに対して医師・薬剤師・看護師・管理栄養士・調理師・臨床検査技師・リハビリスタッフ・事務などの多職種がそれぞれの知識や技術を出し合い、最良の方法で栄養療法を支援するチームです。 

NSTの流れ

①対象者抽出

NSTの回診は主治医から依頼のあった患者さんや、検査値などを総合的に評価して低栄養の危険のある患者さんに対して行います。

②回診リスト作成

回診リストは専従スタッフが作成してNSTメンバーに配布します。

③栄養治療実施計画書兼栄養治療報告書の作成

NSTメンバーは回診までに実施計画書の担当部分を作成します。

 

④回診・カンファレンス

 

⑤栄養治療実施計画書兼栄養治療報告書の報告

回診・カンファレンスの後は患者さんに実施計画書・報告書を交付します。

⑥提案内容の実施

回診・カンファレンスで提案した内容を実施した結果、効果の判定、計画の見直しなどを行います。

⑦終了時、退院時指導

終了時には総括を行い、転院・施設入所する患者さんには終了時の実施報告書と経過報告を送付します。

 

NST勉強会の開催

NST(栄養サポートチーム)では、栄養に関する知識や技術の習得のために、職員を対象としたNST勉強会を開催しています。

  

 

褥瘡対策の取り組み

褥瘡対策委員会

褥瘡対策委員会は、褥瘡対策チームと連携をとりながら入院患者に対する適切な褥瘡対策を実施するために活動しています。

<活動内容>

 ・褥瘡回診(毎週火曜日)

 ・褥瘡専任看護師研修会(年2回)

 ・院内褥瘡研修会(年1回)

 ・新人研修アシスタント