岩手県立宮古病院

岩手県立宮古病院-病院の取組

  • 患者様、来院者の皆様へ
  • 医療関係者の方へ
  • 地域がん診療連携拠点病院について
  • 臨床研修のご案内
  • 専門医研修
  • 求人情報

医療安全管理室

医療安全管理室は病院長直属の組織として、宮古病院の安全管理体制整備のための中心的な役割を担っています (平成18年4月設置)

 医療安全管理室メンバー(21名)

*医療安全管理室長(副院長)

*医療安全管理専門員

*薬剤科長(医薬品安全管理者)

*臨床工学技士(医療機器安全管理者)

*各部門セーフティマネージャー

 医師・看護師・放射線技師・臨床検査技師・リハビリ技師・調理師・臨床工学技士・事務

医療安全管理室の主な活動内容

*インシデント事例の分析・再発防止に関すること。

*医療事故に関する調査・分析・評価及び再発防止に関すること。

*医療安全に関する各種マニュアル作成・見直し・整備に関すること。

*医療安全に関する研修計画策定・実施に関すること。

*医療安全に関する院内・院外関係機関との連携に関すること。

*医療安全に関する患者・家族からの相談に関すること。

医療安全管理委員会(1回/月)

各部門の管理者が、医療事故防止策の決定や安全活動の推進などについて組織横断的に検討します。

メンバー  医療安全管理室長、病院長、事務局長、総看護師長、副総看護師長、薬剤科長

      臨床検査技師長、診療放射線技師長、栄養管理科長、リハビリテーション技師長

      臨床工学技士、感染認定看護師、医事経営課長、総務課長、医療安全管理専門員

セーフティマネージャー会議(1回/月)

インシデントの分析・改善策策定・実践・評価・院内ラウンド・マニュアル整備・周知など医療安全対策の実質的な活動の報告・評価を行います。

メンバー  医療安全管理専門員、各部門のセーフティマネージャー
  

来院する患者様へのお願い

  • 医師から病状や治療について説明を受ける際に不明な点や、納得できない場合は遠慮なくお 申し出下さい。
  • 普段、治療している病気、薬や食品のアレルギーがある場合は必ず医師、看護師にお伝え下さ い。
  • お飲みになっているお薬は病状や治療内容により変更、または中止としていただく事があります。
    一般売薬や外用薬等を含め医師、又は看護師にお伝え下さい。「お薬手帳」をお持ちの方は一 緒に提出お願いします。
  • 誤認防止の為に患者様のお名前をお聞きしますので、フルネームでお答えください。

  • [ネームバンド装着のお願い]

   誤認防止の為に全ての入院患者様にネームバンドを着用していただき ますので、ご協力ください。

  • [転倒に注意しましょう]

  病院の床は固い素材でできております。歩く時、診察台、ベットへの乗り降りされる場合は十分ご注意ください。履き慣れたシューズ、クツをお持ちください。