岩手県立宮古病院

岩手県立宮古病院-がん診療支援

  • 患者様、来院者の皆様へ
  • 医療関係者の方へ
  • 地域がん診療連携拠点病院について
  • 臨床研修のご案内
  • 専門医研修
  • 求人情報

キャンサーボードミーティング

当院は平成20年2月8日より地域がん診療連携拠点病院に指定されております。これは厚生労働省健康局長通知に基づき質の高いがん医療の全国的な均てん化を図ることを目的に整備された病院ということです。このことにより、日常の診療活動に加え、がん診療に関する種々の活動を行っております。

その活動のひとつにキャンサーボードミーティングというものがあります。普段聞きなれない言葉ではありますが、これは手術・放射線療法及び化学療法に携わる専門的な知識及び技能を有する医師や、その他の専門医師及び医療スタッフ等が参集し、がん患者の症状、状態及び治療方針等を意見交換・共有・検討・確認等するためのカンファレンスのことです。

宮古病院では、このキャンサーボードミーティングを月1回院内において開催しております。病院内の医師に加え各職種、さらに医師会の先生方にも参加を募り、より充実したものにしたいと考えております。内容は、がん以外の患者も含んだ紹介症例の報告、術前症例のプレゼンテーションと検討、月替わりのがんに関するミニレクチャー等です。

また、平成24年度から岩手医科大学附属病院を中心に、県内のがん診療連携拠点病院間で1~2か月に1回テレビ会議形式による合同キャンサーボードミーティングも行っています。これは、毎回当番病院ががん症例を提示し、その診断と治療について自由に議論するものです。これにも看護師・栄養士・薬剤師・検査技師など多職種が参加しそれぞれの立場から活発な意見を発表しております。

このように、当院はがん診療にも力を注ぎ、県内どの地域においても均等ながん治療が行えるように日々研鑽をしています。

キャンサーボードミーティング キャンサーボードミーティング
キャンサーボードミーティング"の様子