岩手県立宮古病院

岩手県立宮古病院-看護科

岩手県立宮古病院総看護師長 内野 邦江

 当院は,圏域の基幹病院として、二次救急医療・がん治療・周産期医療等の専門医療や感染症指定病院としての役割や機能を持った病院です。そして「地域の皆様の健康と命を守る」ことをめざし、看護科も取り組んでおります。

  PNS看護提供体制により、パートナーシップマインドの醸成を図り、働きやすい職場・働き続けられる環境作りのため、「効率的な業務改善活動」「子育て・介護世代の職員への支援活動」を行っております。

看護科職員のキャリア形成支援については、看護科職員ひとり一人が持てる能力を最大限に発揮し自ら活躍できる人材となれるように、継続教育体系に基づいた研修を実施しております。

 看護科の理念「地域の皆様の心に寄り添い、その人らしさを大切にし、あたたかい看護を提供します」の元、地域の皆様に愛され信頼される看護科の実現のため、多職種及び地域の関係機関の方々と連携しながら、患者さんの医療と生活をつなぐ支援を「あたたかい手と目と心」持って提供してまいります。

 看護科理念

 

地域の皆様の心に寄り添い、

 その人らしさを大切にし

  あたたかい看護を提供します

看護科の基本方針
  • 人間性を尊重し、倫理に基づいた質の高い看護を展開します
  • 地域及び職員間で連携し「医療」と「生活」をつなぐ支援をします
  • 科学的根拠に基づいた看護が提供できるよう自己啓発します
  • 働きがいのある職場環境をつくります
  • 地域医療を持続的に提供できるよう積極的に病院運営・経営に参画します

看護提供方式

 PNS®(パートナーシップ・ナーシング・システム)を平成26年1月から全病棟に導入しました。

教育目標

 県立宮古病院は1人ひとりの看護職員が専門職業人として「臨床の看護実践に強い看護師」の育成を目指しています。

教育の概要

 個々の看護職員がキャリアアップしていくようにキャリアデザインを描きながら、個人の目標を明らかにして一人前の看護師、さらにジェネラリスト、スペシャリストとして段階的にステップアップできるよう教育を行います。

クリニカルラダーの体制

 キャリアデザインに応じた魅力ある研修を企画して自己研鑚ができるように研修を企画しています。

新人看護師教育体制 

 新人看護師の教育体制として看護方式PNSを取り入れ、各部署にクリニカルコーチを配置し、先輩看護師(フレッシュパートナー)が新人とペアになりチームで連携し新人の知識・技術の習得状況を把握支援します。先輩看護師と一緒に患者さんのケアを実践し、熟練した手技を学ぶことが出来、新人看護師のOJTに繋がり、新人・後輩の育成に繋がっています。

 

令和4年度 看護科教育計画

令和4年度 レベルⅠ(新人看護師)教育計画 教育プログラム

 

新人看護師研修風景

              

 

   

 

看護師復職支援

  • 結婚・出産などで現場を離れていた。
  • 家庭の事情で現場を離れていたので不安
  • 宮古病院での交流研修を希望
     やっぱり「看護」の仕事がしたい!

   そんなあなたを支援いたします。