岩手県立宮古病院

岩手県立宮古病院-神経内科

  • 患者様、来院者の皆様へ
  • 医療関係者の方へ
  • 地域がん診療連携拠点病院について
  • 臨床研修のご案内
  • 専門医研修
  • 求人情報

神経内科のご紹介

神経内科とは?

  1. 主として脳・脊髄、末梢神経、筋肉の病気に対して、内科的な診療を行う科です。内科領域の診療科のひとつですので、精神神経科や心因性疾患を扱う心療内科とは異なりますのでご注意ください。
  2. 症状としては、意識障害、頭痛、めまい、しびれ、ふるえ(けいれん)、脱力(麻痺)、物忘れなどが神経内科疾患の初期症状です。具体的な病名では、脳梗塞、パーキンソン病、髄膜炎・脳炎、アルツハイマー型認知症、多発性硬化症などの脳の病気、さらに筋疾患、脊髄疾患、そして片頭痛やてんかんなどの病気も扱います。
  3.  内科的治療ではなく、手術が必要と判断された場合は、当科から脳神経外科や整形外科に紹介させていただきます。

当科からのお願い

  1. 当院神経内科に限らず、神経内科の診察は、他の診療科に比べて、お一人お一人に時間がかかります。とくに初診の患者さんの場合は相当の時間がかかることがありますので、あらかじめ御了承ください。
  2. 大勢の患者さんが当科に集中しますと外来が大変混雑します。現在、神経内科医1名で対応しており、患者数が増えると、患者さま方の待ち時間が増加することになります。さらに重症な患者さんが救急車で来院したり、入院中の患者さんの病状悪化などには、外来をやっている同じ医師が対応せざるをえませんので、外来診療が中断してしまうことがあります。
  3. そこで、病状が落ち着いた患者さまには、かかりつけ医の先生に紹介させていただきますので、何とぞ御協力をお願いいたします。
  4. かかりつけ医の先生は病気の種類にもよりますが、必ずしも神経内科医や脳神経外科医でなくても大丈夫です。たとえば脳梗塞の患者さまであれば、外来通院で主に診るものは、脳そのものではなく、高血圧、糖尿病、脂質異常症などのコントロールが最も大切なポイントになります。それゆえ、開業している内科や外科の先生がむしろ適任ともいえます。

当科受診へのアドバイス

普段はかかりつけ医の先生に通院していただき、病状が変化した場合、救急診療が必要な場合、そしてMRIなどの精密検査が必要な場合に、大いに御利用いただければと思います。


診療担当医師

氏名 木澤 英樹 (きざわ ひでき)
役職名 副院長兼神経内科長
出身大学 埼玉医科大学
所属学会等 日本内科学会、日本神経学会、日本神経治療学会

※毎週水・木曜日には岩手医大、盛岡友愛病院より診療応援をいただいております。

診療予定表

 月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日備考
午前 再来(予約患者のみ)
(木澤英樹)
新患・再来
(木澤英樹)
 
新患・再来
(木澤英樹)
(盛岡友愛:小泉大造)

新患・再来
(木澤英樹)
(岩手医大:水野昌宣)

第1・3・5木曜日のみ

再来(予約患者のみ)
(木澤英樹)

午前11時までの受付

※新患は紹介患者のみ(水・木曜)

※火曜新患は病診連携のみ

午後 休診 休診 休診 休診 休診