岩手県立宮古病院

岩手県立宮古病院-総合診療科

  • 患者様、来院者の皆様へ
  • 医療関係者の方へ
  • 地域がん診療連携拠点病院について
  • 臨床研修のご案内
  • 専門医研修
  • 求人情報

総合診療科の紹介

 当科では、大きく分けて以下の3つの役割を担っています。

あらゆる症状の窓口となる新患外来

なんらかの症状を感じたとき、どの診療科に受診すべきか迷うことは珍しくありません。特に初めて経験する症状ではなおさらのことでしょう。当科外来では、あらゆる症状の患者さんに対し、まずお話を伺い、症状の原因を探り、適切な診療科を決定する機能を持ちます。患者さんが迷うことなく受診できる窓口の役割を果たしています。当科の診療内容は、「感染症・アレルギー・膠原病領域、その他一般内科的諸問題」…(*)におよびます。こうした問題に対して、患者さんがより満足できるような質の高い医療の提供を心がけています。また、他の専門科および高度医療機関での診療が必要と判断した場合には、速やかにご紹介いたします。平日は毎日診療を行っています。

日中の救急外来

当院は宮古医療圏約10万人の救急医療を担う医療機関であり、あらゆる救急搬送に対応しています。当科では平日日中すべて、救急初期診療を担当しています。私たちは「なんでも診る」総合医として勤務しておりますが、救急外来はその最たる場です。患者さんの状態をいち早く把握し、速やかに状態の改善を図れるよう努力しています。また定期的に勉強会を行い、他科医師とも情報交換することで病院全体としてより良い救急医療の実現されることを目指しています。

入院管理

新患外来、救急外来のいずれも、患者さんが入院を要すると判断され、(*)に合致する場合は当科で入院管理させていただきます。当科スタッフは、毎日カンファランスを行って入院患者さんの方針決定を共有しています。経験に基づいた診療のほかに、常に最新の文献を確認しながら各患者さんにとってより良い診療を模索しています。また、初期研修医も患者さんの状態把握や方針決定に参加し、チーム医療の一翼を担っています。


診療担当医師

氏名 新藤 琢磨 (しんどう たくま)
役職名 総合診療科長
出身大学 山梨大学
所属学会 日本内科学会(認定内科医)、日本結核病学会(結核・抗酸菌認定医)、日本感染症学会、日本エイズ学会

診療予定表

 
午前

新患・再来
新藤 

新患・再来
新藤
新患・再来
新藤

新患・再来
新藤

新患・再来
新藤

午後