岩手県立宮古病院

岩手県立宮古病院-麻酔科

  • 患者様、来院者の皆様へ
  • 医療関係者の方へ
  • 地域がん診療連携拠点病院について
  • 臨床研修のご案内
  • 専門医研修
  • 求人情報

麻酔科のご紹介

はじめに

  皆さんが手術を受けられる場合、安全に手術が行われるためには、何らかの麻酔が必要となります。その麻酔を専門に担当するのが麻酔科医です。

  医療は本質的に(患者さんの了解の下に)患者さんの心身に対して負荷を及ぼす行為ですので、全ての医療行為には、ごく僅かながら何らかの好ましくない合併症を起こす可能性があります。手術・麻酔にも残念ながらその危険性が存在します。その頻度は非常にまれですが、一旦合併症が起こると命にかかわるような重大な結果を招く可能性があります。そこで、手術・麻酔に伴う様々な危険性を排除し、合併症の発生頻度を限りなくゼロに近づけるために、麻酔科医が手術中の安全管理を専門に担当いたします。


麻酔管理とは

  麻酔は、手術前日の麻酔科の外来診察から始まります。様々な検査結果や持病などを詳しく検討した後、皆さんから直接お話を伺い、皆さんの健康状態を確認させていただきます。手術中の麻酔は、全身麻酔・腰椎麻酔などいくつかの選択肢があります。もっとも安全でかつ皆さんの希望に沿うような麻酔方法の中から、麻酔方法についてできるだけ詳しく説明させていただいた後、皆さんの了解が得られるとはじめて麻酔方法が決定されます。 

  さて、麻酔担当医は、手術中たえず患者さんの観察を続け、手術中の無防備な患者さんを痛みや不安から守り、全身麻酔の場合は意識をとり、心臓や腎臓の働きと呼吸の様子を監視し続けます。必要なら様々な薬や機器を駆使して、安全に皆さんの手術が終了されるように管理します。
危険な合併症が起こることは、たいへん稀な事です。また、そのような事態が生じないよう皆さんの安全を最優先に考えて、麻酔科医と外科医そして手術室看護師は協力して皆さんの手術に臨んでいます。


ペインクリニック外来とは

  手術患者さんの痛みを除き不安を解消するという麻酔管理の技術と知識を、手術以外の患者さんの痛みの治療に応用しようというのがペインクリニック外来(痛みの治療)です。

通常の鎮痛薬では痛みが充分に抑えられない難治性の痛みを様々な手法を駆使して治療します。原因疾患の治療と平行して痛みの治療をする事が非常に重要です。痛みの緩和が結果的に原因疾患を改善する事も多く見られます。

  当外来で最も多い患者さんは、腰痛の患者さんです。実に多くの人たちが腰痛を経験するところですが、神経ブロック療法は、そのとてもつらい腰痛を殆どの場合ぐっと軽くし、そして痛みに悩まされる期間を短縮してくれます。 

  私たち痛みの治療に携わっている者の希望は、痛みに苦しんでおられる患者さんが、一人でも多くその痛みから開放されることです。そのために、現在の医療で用いられる様々な治療法や治療薬を組み合わせて、患者さん一人一人に最も適した治療法を行えるように努めています。
治療手段として、神経ブロック療法を用いる事がありますが、安全性と有効性・経済性を厳しく評価しながら、リスク管理を徹底して行います。

  対象となる症状と疾患には、次のようなものがあります。

頭痛 頚椎椎間板ヘルニア 顔面麻痺
肩こり 腰椎椎間板ヘルニア 顔面けいれん
腕の痛み・しびれ 骨粗鬆症 難聴とめまい
帯状疱疹 圧迫骨折 花粉症
三叉神経痛 肩・膝の関節痛 花粉症
腰痛 骨折後の痛み 種々の難治性の痛み
坐骨神経痛 顔面麻痺 原因不明の痛み

主な治療方法は、次のようなものです。

様々な鎮痛作用薬の内服療法 神経根ブロック 三叉神経ブロック
漢方療法 硬膜外ブロック 高周波熱凝固療法
ボトックス療法 星状神経節ブロック 肩・膝関節ブロック
レーザー療法 静脈内局所交感神経ブロック トリガーポイント注射
椎間板加圧注入 椎間関節ブロック  
     

 

診療担当医師

氏名 野口 浩輝 (のぐち こうき)
役職名 岩手県立中央病院 ペインクリニック科長
出身大学 岩手医科大学
所属学会  日本ペインクリニック学会、日本麻酔科学会