岩手県立宮古病院

岩手県立宮古病院-臨床検査科

  • 患者様、来院者の皆様へ
  • 医療関係者の方へ
  • 地域がん診療連携拠点病院について
  • 臨床研修のご案内
  • 専門医研修
  • 求人情報

臨床検査科のご紹介

私たち臨床検査科スタッフは、当院基本理念に基づいて、臨床検査データの提供に日々対応しています。

臨床検査は、検体検査部門そして生体検査部門と大きく分けて2部門があります。検体検査部門では、皆様方の血液や尿をお預かりし、医師の指示のもと目的に応じた検査法で測定を行い、生体検査部門では、心電図・脳波・超音波等の直接患者さんに触れた検査を行っています。

多くの職種が働いている病院の中で、臨床検査技師という職種は、バックヤードであり縁の下を支える職種の一員です。皆様方の、検体(血液・尿・組織等)をお預かりし、正確で信頼性の高い検査データの提供に常に努めています。

また、効率的な業務の運営、多種業務ができる技師の育成、臨床支援・チーム医療(ICT・NST・褥瘡委員会・糖尿病教室等)への参画にも取り組み、救急医療における緊急検査は24時間体制で対応しています。

基本方針

 宮古病院臨床検査科では『病院機能に見合った患者視点での検査室運営と働きやすい職場環境づくりを目指す』を念頭に、経営計画に掲げた基本方針を具体的に推進するようスタッフ一同がその内容について、熟知し行動するよう努めます。

  1. 心のかよう、患者中心の医療の展開
  2. 職員が働きがいを持つ職場づくり
  3. 健全経営に向けた経営の効率化
  4. 地域と一体になった医療の確保

私たちは15名のスタッフで、患者さんの立場に沿った臨床検査業務を24時間提供しています。

 

一般検査

尿検査

尿定性検査…腎機能や尿路系疾患の有無の確認などを目的としています。 尿沈渣検査…顕微鏡を使って尿の成分を詳しく調べます。

便検査

便潜血検査…便中の潜血を調べて、消化管からの出血の有無を検査します。 便虫卵検査…虫卵がいないかなど、顕微鏡を使って調べます。

穿刺液検査

腹水・胸水…細胞の成分などを検査します。

脳脊髄液検査

細胞の種類や蛋白、糖の測定をしてどのような病気かを検査します。

この他、精液検査や関節液検査を行っています。

生理検査

1階循環器外来の向かい側にあります。患者様と直に接して検査を行なう部門ですので患者様をお待たせしないよう、迅速・正確・優しい接遇をモットーに日々業務に励んでいます。

心電図検査

心電図

脈の乱れ(不整脈)、胸の痛み、動悸、めまいなどの診断のための検査です。手術の前にも行われる検査です。

マスター負荷心電図

検査室にある二段の階段を上り下りして心臓に負荷をかけることにより心電図に変化が出現するか否かを検査します。

24時間ホルター心電図

携帯用の小型軽量の心電計を24時間装着していただいて記録を解析します。不整脈や虚血性心疾患の診断に威力を発揮します。

トレッドミル運動負荷心電図

医師と検査技師がそばについて心電図や血圧、脈拍の変化をリアルタイムで監視する中でトレッドミル(ベルトコンベアーのようなもの)の上を歩いていただくことにより心臓に負荷をかけて心電図等の変化の有無を検査します。トレッドミルの速さや角度の変化により負荷量の軽重を調節できます。

    

 

 

肺機能検査

肺の大きさや肺の働きを調べるための検査です。大きく息を吸ったり吐いたりしていただきます。手術の前にも行なわれる検査です。

肺気量分画測定

普通一般にいう肺活量の検査です。

フローボリュームカーブ測定

大きく吸って一気に息を吐いてもらう検査です。肺活量と組み合わせることによって呼吸機能が正常かどうか、換気障害がある場合はデータから閉塞性、拘束性、混合性の換気障害に分類できます。またフローボリューム曲線のパターンによって慢性閉塞性肺疾患COPD,気管支喘息、肺線維症、上気道閉塞などもわかります。

機能的残気量FRC

いっぱい息を吐いた状態のときでも肺の中にはまだ空気が残っています、その空気の量を調べる検査です。全肺気量を測るのに使います。

肺拡散能力検査DLCO

肺胞で肺胞内のガスが肺毛細血管に移動(取り込まれるか)しやすいか調べる検査です。

脳波検査

主に大脳が働いているときの電気活動の状況を記録したもので、脳の細胞の活動状況に応じて変化します。頭に沢山の電極をつけますが、電極から患者様に電気が流れることはありませんし、痛みもありません。

超音波検査

人間の耳には聞こえないくらい周波数の高い音(超音波)を使って人体の内部を検査します。

心臓超音波検査

心臓の大きさ(心房、心室の拡大の有無)、肥大(壁の肥厚の有無)、弁膜症、心のう液貯留の有無などがよくわかる検査です。

腹部超音波検査

肝臓、胆嚢、膵臓、腎臓、脾臓、総胆管、膀胱、前立腺などを検査します。

頸部超音波検査

頸部動脈を検査することによって動脈硬化性病変の早期発見、病変の観察、治療経過の観察が非侵襲的にできます。

下肢静脈超音波検査

脚(下肢)にある深部静脈という血管には、血液のかたまり(血栓)ができることがあります。その血栓が肺の血管を詰まらせ「肺塞栓症」という病気を引き起こします。このような病気を未然に防ぐために下肢静脈超音波検査で血栓の有無を探ります。

 

聴力検査

健康診断に必要な簡易聴力検査や、平成28年度から耳鼻咽喉科の開設に伴い、よりくわしく耳の検査を行っています。また、院内で出産した申請時の聴力検査も行っています。

血圧脈波(PWV/ABI)

動脈硬化性疾患の早期発見に役立つ検査です。動脈の狭窄および閉塞状況を非侵襲的かつ短時間で確認できます。また動脈壁の硬さも評価できる検査です。

指尖脈波

指尖部の血液量の変動をとらえて記録します。

24時間血圧測定

24時間心電図と同時に血圧も記録して解析します。 

睡眠ポリグラフィー

睡眠中に呼吸が止まり、それによって日常生活に様々な支障を引き起こす睡眠時無呼吸症候群(SAS)を調べる検査です。

SPP 皮膚灌流圧

皮膚直下にある毛細血管に血流がどの程度あるか調べる検査です。主に足の血のめぐりの度合いを評価します。潰瘍、壊死がある方などに有益な検査です。

輸血検査

 輸血検査では血液型検査、不規則抗体検査、交差適合試験等を行っています。
 

 赤血球には一般に知られているABO式、Rh式の血液型の他に、たくさんの型があるため、それらの型に対する抗体を検査する、不規則抗体検査を実施しています。
 血液中の赤血球や血小板、凝固因子などの機能や量が低下した時にその成分を補充するために行われるのが輸血です。手術や事故で大量の出血が起こった時や、自分自身で十分に血液が作られなくなった時に行われます。その輸血による副作用や合併症を防ぎ、安心して輸血を受けて頂くために交差適合試験を実施しています。

血液検査 

血液検査は主に血液中の血球成分の検査と、血液の固まる具合を調べる凝固検査があります。
 血液を検査することで体の状態を知ることができます。赤血球や白血球、血小板などの成分を調べることで、貧血や感染症、白血病などの病気の発見につながります。また、顕微鏡を使って赤血球や白血球などを見て、数や大きさ、形などを確認することで、異常な細胞を見つけることができます。

 凝固検査では血液を固まらせる機序(凝固)と血液の塊(血栓)を溶かす機序(線溶)に異常がないかを調べています。凝固と線溶のバランスが保たれることで、体の中では血液がスムーズに循環しています。出血及び血栓症の原因や病態把握、ワーファリンなど抗凝固剤の治療効果を判定するために必要な検査です。 

生化学・血清検査

患者さんから採血された血液から遠心分離器を使用して血清を分離し、その血清を用いて自動分析装置により各種検査を行います。(血清だけではなく、尿やその他いろいろな体液を検査することもあります。)

  • 肝機能検査
  • 腎機能検査
  • 糖尿病関連検査
  • 脂質検査
  • 心臓機能検査
  • 甲状腺機能検査
  • 各種感染症検査
  • 各種腫瘍関連検査
  • アレルギー関連検査
  • 自己免疫機能検査

ここ数年、診療前検査が一般的になりましたので、医師の診察の前や診察中に至急の検査結果を報告することが多く、より早い検査方法や検査機器の導入も視野に入れながら日常の業務に励んでいます。

細菌検査

感染症の原因となる微生物を各種検体から検出します。

【検査項目】

インフルエンザウイルス、A群溶連菌、ノロウイルス、
ロタウイルス、糞便クロストリジウムディフィシル毒素、
アデノウイルス、RSウイルス、クラミジア抗原

一般細菌同定、感受性検査

喀痰、便などの各種検体に、感染症の原因となる微生物が存在するかを調べるほか、検出された細菌にどの抗菌剤が有効かを検査します。
当検査室では、自動機器を用いた微量液体希釈法を行っています。

抗酸菌の染色と培養

各種検体に、結核菌、非結核性抗酸菌が存在するかを調べます。

感染症迅速診断

正確な検査結果を迅速に臨床に提供できるよう、業務に励んでいます。

病理検査

病理検査部門では主に組織検査、細胞診検査、また手術中に行われる術中迅速診断検査などが行われています。

組織検査

内視鏡や手術で切除され、ホルマリンに浸された組織を検査技師が受付・切り出し・包埋・薄切・染色・封入という作業をして標本を作製し、専門の医師である病理医が顕微鏡で診断します。このことにより病変部の良・悪性や進達度が分かり、その後の治療法などを決める重要な検査です。

細胞診検査

喀痰や尿、体腔液を検査技師が前処理をして標本を作製し、細胞検査士(スクリーナー)または病理医が顕微鏡で診断します。

術中迅速診断検査

手術中に切除した病変の一部を、検査技師が標本を作製し、それを病理医が迅速診断をして、手術室にいる執刀医へ診断結果を報告する作業をいいます。検査室に運ばれてきた病変部は、検査技師が凍結・薄切・固定・染色を行います。確実な診断を行うためにはこれら一連の作業が適切に実施されていることが前提となります。宮古病院では、病理医が不在のため、中央病院病理医による遠隔医療病理診断(テレパソロジー)が行われています。標本ができあがったら宮古病院側で顕微鏡の画像をパソコンに取り込み送信します。それを中央病院側で受信し画像を見ながら、病理医が診断し、手術中の執刀医へ結果を報告しております。